Top

Diary of the manager of the dog
by kempnashrectangle
カテゴリ
BLOG
COLUMN
その他のジャンル
以前の記事
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 07月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
最新の記事
祝‼ 2歳♡
at 2016-05-28 21:15
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
オシャレな服Ⅲ
まずは、究極の絶対的な答えを求めることをやめましょう。

オシャレを求める事はOK!でも、その答えを求めようとすると・・・NGです。

オシャレとはこんな事とか、~さえすればオシャレとか

~を選べばオシャレとか・・・言う事は在り得ないのですから。


次に、そのよりどころになっていたモノ、コトと適度な距離を置きましょう。

具体的に、一つ目はメディア。二つ目は周りの人達。三つ目は自分自身。


一つ目のメディアに関しては解りやすいでしょう、雑誌の言う通りにしたって、

コメンテーターの言う通りにしたってなかなかオシャレになるもんでもない。

経験済みですよね。ただ彼らも嘘を言ってるわけじゃない。

だからたとえばこんな風に理解すればどうでしょう・・

彼らの言う事は、色々な条件がマッチすれば正しい。

しかしその条件がそろう事は稀である。・・・とこんな感じで。


二つ目の周りの人達については親兄弟親類友人のみならず、

生活のサイクルや地域やその方のライフステージなどの影響で

関わり合う人々はある程度絞られてしまいがち・・・

その中で固定観念や何かの枠みたいなものが生まれてしまう事も、

数人のファッションリーダーの影響を受け過ぎて

本来の自分らしさが損なわれてる例とか・・・・

ただオシャレとは外見からの要素ももちろん大切だけれども

その表現の中には趣味趣向だけでなく

ポリシーやコンプレックスさえも盛り込んでしまうモノなので

そうそう内面まで分かってもらえるわけもなく・・・・

だから「自分にはそういう一面もあるんだ」程度に聞いておくのがベスト。


その裏返しが三つ目の自分自身。凝り固まったこだわりも、度が過ぎれば困りもの。

あまりにも内面を煮詰めた表現をしても周りの人には伝わりにくいかも。

それにコンプレックスが強すぎるのもよくある事、フラットに自分がどんな感じに

人から見られているかを客観視する為にも、自分からある程度の距離をとるのも大切


というわけで、三つのよりどころから適度な距離をとることで

いよいよオシャレな服に近づきます。              では、次回。
[PR]
by kempnashrectangle | 2010-08-31 17:50 | COLUMN
オシャレな服Ⅱ
昨日の夜、店からの帰りになんだか涼しい気がしました。

もちろん、大阪のニュースでは、暑い暑いの連発で・・・

夜、涼しかったの話は無く・・・気のせいなのかな・・・とか

自分だけがそう思ったのかなとか考えてるうちに・・・ふと、

これって”オシャレな服”選びに似てるなと思いました。



自分の中ではこんな風に感じているんだけど、メディアの情報には答えは無いし・・・

かと言って街ゆく人すべてに質問して回る訳にも行かず・・・・

そうかと言って、自分自身を信じきる自信もないし・・・

結局、どうなのかの答えは出ず。まぁそんなものかと有耶無耶にして、

あげくには、限られた人達の意見で右往左往してしまう。


まさしくこれが洋服選び。”オシャレな服”を選びたい私達が陥っている現状。


答えは、どこにもありません。

オシャレ感を手に入れる事の出来る絶対的なよりどころ・・・

そんなものはあるはずもないのです。特効薬は在りません。


たとえ追いかけても、すぐに錯覚を起こしたり、あきらめたりのくり返し・・・

何が正解、何がオシャレと求めても、公式や方程式があるわけでもなく

答えは出て来ないのです。


話が長くなりました・・・だからどうする・・・は・・・         次回。
[PR]
by kempnashrectangle | 2010-08-21 17:45 | COLUMN
で、オシャレな服
”【セレクト】について”の中で書いていますが、

私達がセレクトしたいのは「オシャレな服」なのです。

今までの話をまとめると・・「役に立つ服」でなければダメ。

その上「アキナイ服」じゃないとダメ。ときて、

で、「オシャレな服」とは・・・って感じになってます。

”オシャレ”とはあまりにも言葉の意味合いが広く、

あいまいで、多様な解釈が出来るモノなので、・・・

あくまでも+RECTANGLEとしての想いというか感じ方と言うか・・・

少しでも共感して頂けたらと思いつつ話を進めていきたいと考えます。



私達がオシャレだなっと、イイ感じだなっと思う服には共通の”具合”があります。


地味過ぎないけど派手過ぎない。

つまらなくないけど面白過ぎない。

こだわって無くもないけどこだわり過ぎていない。

やって無いわけじゃないけどやり過ぎてない。

頑張って無いわけじゃないけど頑張り過ぎて無い。

冒険してないわけじゃないけど照れない。


ほどほどと言うかアソビと言うか適度な距離感みたいなものが大切と考えます。

程度が過ぎると台無しになるのが「オシャレ」と思っているのです。

着飾る事はほどほどにしてこそ、余った部分に”らしさ”が加わり

そしてオシャレな人完成!!・・・みたいな感じですかね。


”適度な距離感”そして”らしさ”と言えばこんな風にも考えています。

それは・・・・             次回にまた。
[PR]
by kempnashrectangle | 2010-08-13 17:34 | COLUMN
アキナイ服Ⅱ
さらに「アキナイ服」を選ぶ為のフィルター。


私達はこんな風に考えています。

「キーワードがあまりにもわかりやすく伝わってしまうと返って早くに飽きてしまう・・・

流行と同じでそのままをしてしまうとどうしても飽きやすい。」



逆に、「しみこむ様な伝わり方をするモノはそのインパクトが小さくとも、

影響を与える時間は長い、飽きない部分があるからこそ、

奥深い所に見え隠れする方が長持ちするのではないか。」と・・・


つまり、よく見なければわからない事や

着て見なければわからない事とか

パッと見は解らないけれども時間が経つにつれて気づいてゆく事など

表現がわかりやすいとすぐに飽きるから、

わかり辛くなってたり、伝わりにくく表現されているモノの方が長い時間

好きでいられるのでは・・・・


だから私達はこんなモノをセレクトします。

普通のタータンチェックに一本だけ新鮮なカラーのラインが入っているとか・・・

シンプルなニットなのにある部分のみ同じ糸で編み方に変化をつけているとか・・・

普通のモノだけれどもステッチの数を増やすことで重厚感を出したり・・・

全体の形は普通なのに近くで見ると在り得ないほどの切り替えがあったり・・


わかり難いかもしれないけれど服としても魅力が盛り込まれた。

一見ナンテコトナイ服を・・・・

何色って聞かれても何色って答えづらいモノ・・・

どんなテイストって聞かれても・・・

一言で答えられない

ナンテコトナイ服を・・・    だからアキナイ服を・・・     では次回。
[PR]
by kempnashrectangle | 2010-08-10 17:30 | COLUMN