Top

Diary of the manager of the dog
by kempnashrectangle
カテゴリ
BLOG
COLUMN
その他のジャンル
以前の記事
2016年 05月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 01月
2009年 07月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
最新の記事
祝‼ 2歳♡
at 2016-05-28 21:15
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
赤パンマジック

皆様ご存知(?)の通り、

NASHは「カエル君の赤パン」が大好きです!

元々、去年のKEMPの誕生日に貰ったものですが、

所有権はほぼNASH!(><)

カエル君とセットですが、赤パン ピンでも良く遊びます!^^

こんなに好きな赤パンを、

あまり遊ばなくなったオモチャにはかせたらど~なるのか!?

・・・やってみました!!

コイツ↓から・・・

はかせた途端、興味津々のようです^^ 

作戦成功~!?

いつもより真剣ですね~^^

そこで、NASHに渡してみたら、あっという間に赤パンを脱がせ・・・

あうっ>< こんな状態に~っ(泣)

めちゃめちゃスタンバって待ってるので、

次行ってみよ~!

この子に良く似合ってますね~^^

またまた脱がす気満々です><

ほんで・・・

コチラも、あっという間に丸裸~っ><

『赤パン脱がし』がよほど気に入ったのか、

NASHは次から次へと赤パンをはかせてほしそうです!

(単純~♪)

(子が単純なら親も単純なもので(笑)、

こっちも必死のパッチで赤パンをはかせて行きます!爆 )

お次はコチラ~↓

これは、なかなか難しそうちゃう~?

しかし・・・

うわっ! これも、あっという間やったし、

脱がした後は放ったらかしやしっ><

こうなったら、ありとあらゆる物にはかしてやるぅ~っ!!

これはどやっ?

・・・こっ・・・これは短足すぎて、一瞬やろな~?

>< 本犬、もう慣れてきて、判断も的確じぁ~っ!

・・・もちろん、一瞬で脱がされておりました・・・。

んで、お次はコレ↓

案外、この子がいっちゃん時間かかったかも・・・

赤パンがはけそうなオモチャは、ほとんどはかせてみました!

最近遊ばなくなったオモチャも赤パン効果で遊んでましたが、

どれもこれも脱がすだけ脱がしたら興味なしっ><

では、最後に、赤パンの所有者・カエル君に〆てもらいましょかね~!?

さてさて、どんな反応するのやら・・・

あれ?あれれれ~??

脱がすだけ脱がしたら、放ったらかしやったのに~

何か、今までと違うやんっ!

なんで~?

・・・・・・ホンマに・・・・・・。

ついさっきまで、赤パン脱がすのんに必死やったくせに、

カエル君がえぇだなんて・・・・・・??

ったく、よ~~わからんヤツですわ~~!(笑)

(また忘れた頃に「赤パン遊び」してみますね~^^)


[PR]
by kempnashrectangle | 2008-07-31 18:14 | BLOG
<< OTONのB・D 嵐の爪あと >>